9月19日 木曜日

「月灯」はセブンイレブンのネットプリントで出力できます。
26日までの予約番号は  85811402  です。
A4サイズで、両面コピー、短辺とじ を選んでください。
両面2枚で出力されますので、重ねて真ん中を折ると8ページのステキなZineの出来上がりです~。

私と会える方には無料でコピーをじゃんじゃんお渡ししています。
また、もし文通したいなあと言う方がいれば、ご連絡ください。送ります。無料のかわりにお返事求めます~(笑)

さて、金曜日からラグビーのワールドカップが始まりますね!楽しみです!
そしてそのお昼間は、若いお友達が自宅に遊びに来てくれます。これまた楽しみです!

でもって。
10月4日は「現代短歌読書会」です。19時から。山階基さんの「風にあたる」の感想をお喋りします。課題本を読んでなくてもOKです、ゆるく短歌を語りましょう。というか、まあ、遊びに来ませんか。




書く人追加募集のお知らせ

「書く人読む人そして聴く人7」の企画では、
書く人A(自分で書いた文章を他の誰かに朗読してもらう)の追加募集をすることになりました。定員は2名です。
また書く人B(自分で書いた文章を自分で朗読する)は引き続き募集中です。こちらはあと数名募集中です。
原稿の締め切りは9月25日、朗読を聴く会は12月7日(土)です。対応可能な方はぜひご参加ください。
書くのがはじめてでも、読むのが初めてでも、誰でも参加できます。
先日、送別会をしてもらったとき、3回目に参加してくれた方から、「少しの勇気」があれば参加できるという言葉で参加しました、と言ってもらいました。
そう、誰でも、少し勇気をだしてはじめての世界に飛び込んでみてください!
一緒に楽しく笑って過ごしましょう。
募集要項は↓こちらをご覧ください。
http://kuutamo.wp.xdomain.jp/2019/07/19/4525/  

「書く人・読む人 そして聴く人7」 募集要項

「書く人読む人そして聴く人」は、誰かが書いた作品を、違う誰かに読んでもらって、みんなでその朗読を聴きましょう、という企画です。
第7回目は、12月7日14時~(予定)、上野の宋雲院さんの本堂をお借りして開催します。

それに賛同して参加してくださる方を募集いたします。
書くことも読むことも、巧い必要は全くありません(もちろん巧い人も歓迎ですが)、一緒に何かしてみたい人と楽しみたいです。

☆書く人

あなたが書いた文章を、2019 年12月 7 日の朗読会で、作品として読んでもらえます。 書くことが好きな人から、文章なんて書いたことないけどなんだか楽しそうだと 思った人まで、誰でも参加できます。 12月7日の朗読会を楽しみにできる方。9月30日原稿提出締め切りです。

募集する作品は以下です。

A 「ぬる・ぬれる・ぬられる」をテーマにした作品
  募集10名程度 2200字以内(8分以内)。

B 「一番」をテーマにした作品
  募集5名程度 4分以内で自身で朗読すること。

A,Bどちらも、朗読できる作品であれば、小説に限らず、シナリオ、エッセイ、詩歌 (詩・短歌・俳句)なども可。小説の場合登場人物の人数などに決まりはありませんが、朗読する人は 1 名であることを念頭に置いてください。
字数、時間制限、締め切り厳守してください。

読む人

誰かが書いた新しい作品を、あなたの声で表現してみませんか。 読むのが好きな人、読んだことは無いけどなんだか楽しそうだと思った人誰でも参加できます。 原稿は10月中にお手元に渡る予定となっています。 そこから各自で練習をし、当日12月7 日の予定を空けられる方。 どの作品を朗読していただくかはこちらで決めさせていただきますが希望は聞きます。
募集人数は 6 名程度とさせていただきます。

※書く人と読む人両方にエントリーしたい場合は、書く人はAでエントリーしていただくことを想定しています(Bがいいひとは相談してください)。
書く人でAとB両方にエントリーすることはできません。

エントリー料は いずれも2000 円です(冊子代、12/7の場所代、茶菓代込み)、書く人読む人両方に参加の場合は3000円となります。

エントリーの仕方(よく読んでください)

7月21日20時~、「書く人7 エントリー希望」 「読む人7 エントリー希望」のタイトルで 以下アドレスまでメールをしてください。※これまでとアドレスが変わっています!
kuutamobungeibu@gmail.com
書く人読む人両方を希望する人は、メールを2回それぞれのタイトルで送ってください。

その際、以下、記載のこと。 ・本名 ・ペンネーム(あれば) ・連絡先(添付ファイルを受信できるメールアドレス、住所、電話番号) ・書く人は A と Bどちらを希望するか ・初めて申し込む方はどこでこの企画を知ったかを書いてください(誰の知り合いかなど)

先着の方から順番に折り返しで連絡いたしますが、自動返信機能ありません、即レスできないかもしれません。24時間以内にはお返事いたしますので、そのまましばらくお待ちください (何度も送って来ないでください)。 お問合せについては、各 SNS からも対応いたしますが、最終的にはメールでのやりとりとな りますのでお申込み時にはアドレスをお書き添えください。

募集は先着順で定員になり次第受付終了となります。
ただし書く人Aについては、3名までは初めての方を優先枠とさせていただきます。
もし参加者がものすごく少なくても継続したいと思っています、その場合は冊子はお手製にして自宅で朗読会やります。でもできればお寺でやりたいので、ぜひ、ご参加ください、ご応募お待ちしています。

16日は とびだせ青春 学校 古本市 

3月16日(土) 11時~16時 まで、古本市を開催します。

 

 

学校古本市・・・なに? 
テーマが学校、古本をそれぞれのテーマしばりで出店します。
出店者さんの紹介を教科とともに紹介します(敬称略・順不同)

よたか堂・・・国語(詩集など)

絵を描きながら、北は青森県から南は沖縄県まで各地の一箱古本市に出店しています。
屋号は宮沢賢治「よだかの星」から。本の内容をイメージしたオリジナル表紙も描いてます。

碧山書房・・・理科・山岳部顧問(地学・地理・生物・化学・科学哲学など、居眠り必至の教科書&山のエッセイや山登りの魅力を伝える本)

一箱古本市、カフェや書店の貸し棚で、セレクトした古本を販売しています。
自然科学から人文科学まで、書籍を通して、ユニークな研究の紹介をライフワークにしています。
音楽、地理、山登りが大好き。  Twitter |碧山文庫 (@hekizanbunko)

 

☆ベランダ本棚・・・理科(植物や庭に関する本)

大阪仮暮らし中のため本屋活動ご無沙汰気味のベランダ本棚です。
でも本は買ってました。読んでました。でもでもそれだけじゃなんか物足りない!
古本市に出なくっちゃ!というわけで久々の出店、しかもkuutamoさん!楽しみです!

 

☆うららや・・・社会(東京の地理、歴史に関する本)

こんにちは、うららやです。 うららや初めての高円寺での古本イベント。 kuutamoならではの楽しい古本市になりますよ‼️ @227urara

 

桜とたなごころ・・・音楽(楽器に関する話とか)

眠る前にほっとしたり、電車に乗って遠出したくなったり、明日は何を食べようかなとわくわくしたり。そんな、毎日に寄り添う本を。

 

☆散歩堂・・・芸能(落語や歌舞伎・文楽観劇の友)

道を曲がれば散歩が始まる。本を開けば、箱をのぞけば散歩の始まり! 思えば、青春時代も古本と並走してたなあ・・・という散歩堂です。
さあ、皆さんで一緒に楽しみましょう。

 

☆ゆず虎嘯・・・家庭科 (食エッセイ、暮らしに関する本)

2人組のゆず虎嘯。お互い得意な教科は違えど、異なる視点でどのような1教科になるか……開いて見てのお楽しみ。

 

☆lucky clover books・・・美術(画集や美術史)&社会小テスト作成担当

高校時代は真面目な生徒でした。盗んだバイクで走らなかったです。腐ってないミカンでした。
校舎の窓ガラス拭いてました。青春未消化で大人になったので、今の方が当時より若いかもしれないです。そんな僕だけどJKの親やってます。

 

☆Maison  Ella・・・体育(!? ダンス関係)

自己紹介文作成中です

 

☆甲斐古堂・・・購買(!! レトロな文房具や学習雑誌)

過ぎ去った「昭和」の時間が此処には在ります。 子供の頃を想い出させる古本や雑貨・紙モノをお持ち致します。 
Twitterはコチラ → @c6UzwCMsPDoJDKJ

 

☆すみれ堂・・・保健室(!! 見て心が解放されるような本)

本を片手にゆるりと生きています。

 

以上11店舗の古本やさんが並びます。
そして、当日は、

10時~ 朝の課外授業 短歌ゲーム みそひとさじ をやります 参加者予約制・募集中。参加費500円(チャイ付)
13時頃~ お昼休みの運動 簡単なダンスをやってみよう!

社会のミニプリント配布

などなど予定しています!

kuutamo  は、お隣座の市に出店中。美味しいものは座の市でお楽しみいただけます!

ぜひ、遊びに来てくださいね!お待ちしています。

感謝 雨の日曜日

おはようございます。
雨ですね。今日は18時までです。

以下、長いですが、ぜひ読んで。
「書く人読む人そして聴く人5」にご参加いただきました皆様、気にかけてくださった皆様、椅子を貸してくださった座・高円寺さん、本当にありがとうございました。盛況(と言っていいよね?)のうちに無事終了しました、ありがとうございました。


楽しんでいただけましたでしょうか。
楽しかった、というたくさんのお言葉を素直に受け取って、成功だ~と喜ぶことにいたします。


私事ですが(結婚の報告ではありません)、5回目にして、初読む人になりました。めちゃ緊張しました、お腹痛かった。
よかった、と言ってくださったお世辞を素直に受け取って、そっと封印したいと思います(笑)。

それから、
今までは主催として、終わってからも、みんな楽しかったかな、って心配で心配で。
あとから楽しかったと言われても、ほんとに?お世辞じゃなくて?って思ったり。

昨日は店内狭く距離が近かったのもあったかもしれないし、読む人終わってかなり脱力して逆に、私に声かけてくれる皆さんの顔がめっちゃ笑顔なのちゃんと気付けて、ああ本当に楽しんでくれたんだな、って素直に感じることができたのが我ながらの成長でした。



打ち上げで、聴く人たちも感想を言い合おうとか、書いた人の紹介が欲しいとか、聴く人たちのほうからリクエストしてくださって、皆さんの声をたくさん聞くことができました(ダメ出しはしないでって褒め言葉しか受け取らないずるい私)。楽しかったってダイレクトに言ってもらえて、私自身が何よりの励みになりました。ありがとうございます!
ほめてもらうと伸びるタイプなのでまた頑張ります。

そして6回目、告知しましたが、次回7月20日(土)開催です。

夏休みで、暑いし予定もいろいろおありかと思いますが、
どうぞ、一緒に、この企画を楽しんでください。「ほんまにほんま」面白いから。

書く人何度目かで初めて聴く人になれたカイヅさんが、読んでもらうっていいなあ、というような感想を言ってくださって、でしょ、でしょ、来てよかったでしょって思いました。書くだけのアウトプットもいいけれど、読んでもらうとアウトプットしたものがダイレクトに返ってきてまたインプットできるんです、それってすごくない?プロの作家さんなら舞台化や映画化されて感じてるかもだけど素人ではなかなか感じられない経験です。
そして読むことは、人前に立つってことで誰もがすぐできることではないかもしれないけれど、作品をじっくり感じられる、言葉が好きな人にはたまらない作業でもあるなとやってみて感じましたよ。ぜひ。
そしてそして、聴く人がいてくれて、はじめて会が成り立ちます、ある意味1番大事な役。ぜひ、聴く人になろうというかたも、今から予定を空けていただけると幸いです。

まだ興奮冷めやらずでめちゃ長くなりました。すみません。

気持ち切り替わりまして、次は、16日、古本市やります。
今日からもう、そっちの告知始めますので!!よろしくお願いいたします!

 

さらに大事なお知らせ 書く人読む人そして聴く人6の告知です

夜中に失礼します。
昨年より、「書く人読む人そして聴く人」という企画を主催しています。
これは、
書きたい人が書いた作品を
読みたい人が読んで
それをみんなで聴く人になって聴こう、というものです。

プロでなくても、自分の作品が音になる感動、
プロでなくても、人前で朗読できる感動、を味わえます。
聴く人になって朗読を聴いて終わったあとでみんなでわいわい交流するのも楽しいです。
書く人読む人そして聴く人が集まって初めて完成する企画です。

本日3月2日に5回目を開催します。
そして、6回目のご案内を始めます。

Kuutamo presents

「書く人・読む人 そして聴く人6」

 

書く人募集

あなたが書いた文章を、2019年7月20日の朗読会で、作品として読んでもらえます。

シナリオを書いている人、小説を書いてみたい人、文章なんて書いたことないけどなんだか楽しそうだと思った人、エントリーしてみませんか。

 

応募資格

好奇心、そして少しの勇気があれば、だれでも参加することができます。

5月25日 校正完了を目標に原稿を仕上げていただける方。
7月20日の朗読会を楽しみにできる方。

 

募集する作品は以下です。

 

A会話劇のシナリオ

お題「とあるカフェでの会話」または「海」 定員最大6名程度

エントリーした人2~3名で1つの作品を仕上げる、リレー方式での執筆となります。

登場人物は2名です。

今回より、参加者の希望に応じて、編集として人物設定のアドバイスや仕上げのお手伝いをすることにしました。シナリオを書いたことがない人、シナリオは書きたいけどリレーに不安がある方でも簡単に参加していただけます。

 

B「さす・させる・ささる」をテーマにした作品 募集8名程度

8分以内(または2200字以内)朗読できる作品であれば、小説に限らず、シナリオ、エッセイ、詩歌(詩・短歌・俳句)なども可。小説の場合登場人物の人数などに決まりはありませんが、朗読する人は1名であることを念頭に置いてください。字数、時間制限、締め切り厳守してください。

 

読む人募集

誰かが書いた新しい作品を、あなたの力で生き生きと表現してみませんか。

演出家はいません。あなたの自由な解釈で、自由に朗読、表現することができます。

 

応募資格・募集人数

朗読や演劇の経験は問いません。

読むのが好きな人、読んだことは無いけどなんだか楽しそうだと思った人。

原稿は6月中旬にお手元に渡る予定となっています。

そこから各自で練習をし、本番前にリハと当日7月20日のスケジュールを確保できる方。

どの作品を朗読していただくかはこちらで決めさせていただきます。書く人にも参加した方はご自身の作品以外の朗読となります。

募集人数は6名程度とさせていただきます。

 

書く人読む人エントリーの仕方(よく読んでください)

 

申し込み開始 3月2日22時~(定員になり次第受付終了) 

info@kuutamo.tokyo もしくは、下の応募フォームから、
「書く人6 エントリー希望」「読む人6 エントリー希望」のタイトルでメールをしてください。両方希望する人は、メールを2回それぞれのタイトルで送ってください。

その際、以下、記載のこと。

・本名

・ペンネーム(あれば)

・連絡先(メールアドレス、住所、電話番号)

・書く人はAとBどちらを希望するか

・初めて申し込む方はどこでこの企画を知ったかをよかったら書いてください(誰の知り合いかなど)

 

先着の方から順番に折り返しで参加要項の詳細を連絡いたしますが、仕事の合間に作業していますため即レス、ではありません。24時間以内にはお返事いたしますので、そのまましばらくお待ちください(何度も送って来ないでください)。

お問合せについては、各SNSからのDMでも対応いたしますが、最終的にはメールでのやりとりとなりますのでお申込み時にはアドレスを必ずお書き添えください。

エントリー料は1500円です。

《送信フォーム》



[recaptcha]

寒い火曜日

開いてます、20:30まで。

今日も寒いですね。いよいよ明後日は落語会です。忘れてましたがバレンタインデーでもありますね。14日のお客様にはチョコのお土産つけようかな。

今日はいい報せを貰ったのでとりあえず9月まではテンション高く頑張って生きていきます。

雪の土曜日

今さらですが開いてるんです(笑)、あと1時間くらい。自宅辺りは朝けっこう雪が降ってたので、寒い中誰も来ないかもなぁ、家出るの寒いなあ、なんて弱気でいたら案外ご来店頂けて休みたいと思った自分を反省中。ありがとうございます。

昨日は久々に顎関節症が痛くて口が開かないからゼリーやヨーグルトばかり食べてたら顎は治ったけど朝お腹痛かった…お友達も顎痛いって言ってた…寒いからかしら。

さてもう来週は落語会なんですよ、来週は寒くありませんように!笑いすぎて顎外れませんように!お席まだあります!

聴く人募集

3月2日土曜日に、

「書く人読む人そして聴く人5 」の朗読会を開催します。

これは、書く人が書いた作品を、読む人が朗読し、それをみんなで聴く人になって聴こうという企画の5回目です。

高円寺のkuutamo店内で開催します。

3月2日 15時半開演

参加費 1500円、書く人の作品が掲載された冊子と、おやつ袋付きです。

また、終了後は、そのままみんなで軽く打ち上げいたします。参加費1000円、参加は自由です、良かったらぜひこちらにもご参加ください。

前回までの様子はblogを遡ってご確認ください。

参加希望の方は、下記フォームからお申し込みください。

《送信フォーム》



[recaptcha]